団子9兄弟
昨日のこと。
朝から近所でエナガが賑やかだったので、ひよっとしてと思い、
少し探すと巣立ち雛がウロウロしてるのを発見。

それまででも親らしきエナガが庭にきて虫をくわえて飛んでいくのは
目にしていたので、どこか近くで子育てしてるんだろうとは思っていました。

今年に限らず毎年親エナガのそういう姿を見てると、
我が家に連れてきてくれないかな~と
秘かに願っていました。

念願叶い!
遂に!
ようやく!

午後にはご覧のとおり可愛い子供たちが庭で勢ぞろい。

その数9羽!!

20170419enaga-1.jpg


いやぁ~

こりゃ~

可愛い!!!



20170419enaga-2.jpg


芽吹き始めた桜の新芽につく虫を親鳥がそれこそひっきりなしに運んでいました。
20170419enaga-3.jpg
お父さんかお母さんかわからないけど、
こんな感じで虫を運んでいました。
ほんと、これだけ子供の数がいると
いったい何匹必要なんだろうなぁ~。


せっかくだからそのまま一晩ぐらいゆっくりしていけばいいのに、夕方には移動を開始。
しかし、森と違い住宅街では木が少ない上に、中にはうまく飛べない子が2羽いて、
道路の真ん中や溝でじっとしてしまう始末。
親兄弟はどんどん行ってしまい、
そのままでは親や兄弟とはぐれてしまう恐れもあったので、
ご近所の皆さんの協力を得て無事救出し、
何とか親兄弟のそばに自力で行けるような場所に運んであげました。

もちろんその後どうなったかは知る由もありませんが、
あれだけにぎやかだった昨日がウソのように、今日は静かな日でした。

厳しい世界だけど、みんな元気で
もう少し成長した姿でまた我が家にやってきてほしいなぁ~。
2017/04/19(Wed) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お世話になりました
4年ぶりの北の大地での個展は無事終了しました。
前回より4年もたっていたのですが、
実際に皆さんとお会いすると久しぶりという感じが全くなく、
いつものように過ごしたあっという間の1週間でした。

大学や高校の同級生、北海道移住を実現した方々、
生きものを通して知り合った方々等と
連日の再会(飲み会?笑)の舞台は
札幌、恵庭、苫小牧。
時系列はバラバラですが、
その一部を紹介します。

20170327kaijyou.jpg
会場風景

20170327sasiire.jpg
差し入れありがとう~!

20170327susisei-2.jpg
20170327susisei-1.jpg
神戸から移住した友達が嫁いだすすきのにあるお寿司屋さん「すし勢」
カニはもちろん、八角にホッケ、とろとろのトロ、美味しゅうございました!!

20170327wain.jpg
移住された方々との2次会は自宅でのワインパーティー

札幌では畜大の同級生が経営するドッグランカフェ「バーナードスクエア」に行き、
私の作品との再会も果たしたのですが、カメラ忘れ写真撮れず…
ここでハスキーの親子が雪の中を走り回っている様は、まさしく北海道でした!

20170327ibuki.jpg
20170327ibuki-1.jpg
恵庭では柴犬伊吹ちゃんが移住を実現した高校の同級生と共に迎えてくれました
伊吹ちゃん、次回は嫁さん連れて行くので元気でいてな~

そして最後はここ
20170327eki.jpg

ここ苫小牧には傷病鳥獣に携わる知人がいるので、
空港も近いこともあり、北海道に行った際は必ず立ち寄る場所です。

20170327utonai.jpg
ウトナイ湖畔に立つ野生鳥獣保護センター

その方の案内でバックヤードに特別に入れてもらい、
リハビリ中や手当を受ける多くの野鳥を見せてもらいました。
写真は掲載できませんが、そこには人間との接触(交通事故や電線への衝突等など)が
原因で傷ついた野鳥たちが所狭しと収容されていました。

リハビリを経て野生復帰ができる個体がいる反面、
もう二度と空を飛べないほどの状態になってしまった個体を見ると
車の運転一つにしても気をつけなければと実感します。
皆さんも安全運転よろしくお願いします!

20170327yuki.jpg
雨男が北国に行くと雪男になるのでしょうか(笑)、
恵庭に続き苫小牧でも雪に見舞われました。

20170327hookidon.jpg
最後の昼食は苫小牧名物ホッキ丼

他にもたくさんの方々によくしていただきました。
皆さん、本当にありがとうございました!
また会いましょう!!
2017/03/27(Mon) | アート関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
北の大地で開催中
気がつけば前回の更新より約9か月。
青森ネタか~、懐かしい~。
すっかり放置癖がついてしまいました(笑)。

といって自分の近況をお伝えするのをやめた訳ではなく、
ここ数年はブログよりfacebook中心でお伝えしてきました。

ブログよりfacebookを選ぶのは、
しいて言えば、
”書いた記事に対して反応があるから”というのが
正直なところかな。

ブログ始めてこの3月で丸10年、
一時期は熱心に記事をアップしていた頃もあったのですが、
特に熱心にリンクを貼ることもせず、文才がない私のブログに
そんなに反応があるわけもないのは当たり前。

もっと気軽に書けばいいのにと頭では分かっているのですが
ついつい考え込んでしまい、挙句の果てには
「まっ、いいか~」なんて感じで更新断念という最近だったような気がします。

おっと、こんなことを書くために更新したのではなかった。

タイトルの通り、現在北海道で個展開催中なんですよ。

img036.jpg

img039.jpg

私の第2の故郷とも言うべき北海道での開催は4年ぶり、5回目。
札幌での1回目の個展は私が絵描きとしてデビューした2008年でした。

あれから9年か~。

その間、北海道の方々とも本当に色々な方と縁ができました。

これからも初心忘れずにやっていきたいと思っています。

このブログも始めだした頃の初心を思い出し、
もう少し更新したいと思います(笑)。
2017/03/16(Thu) | アート関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もほさ見に行ってきたね(後篇)
前篇を書いてから半月以上経ってしまいました(笑)。

その間、東京都知事が辞め、老朽化した高浜原発の運転延長が決まり、
九州や中国地方で大雨による被害が出るなど
なんだか楽しい話が少ない中で
私にとってスカッとしたニュースはやはりイチローが大記録を打ち立てたことでした。

しかし、その楽しくない極めつけの話が昨日入ってきました。
イギリスのEUからの離脱が決まったとのニュース。
「嘘だろう!!」と思わず叫んでしまいました。

英国の若者は残留を支持していると言われているのに、
離脱になってしまうなんて
ほんとかよ…
もちろんこれからのことなんて誰もわからないけど、
若い人たちが将来が描けなくなり不安になるのは当然だろうなぁ。

大英帝国の復権!なんてことを言う人がいるなんて話を聞くと
どうかしてるんとちがうか!と思うのは、私だけでしょうか…

青森に行って満喫していたのが、遠い昔のような気がするほど
なんだか暗澹たる気分になってしまいます。

キリがないので話を楽しかった青森に戻します。

今回の青森行き、フクロウの取材が第一だったのは言うまでもありませんが、
やはりせっかくの青森なので、フクロウ以外も楽しもうということで
最後の日はいわゆる王道の場所へ行ってきました。

20160612 oirase-1
奥入瀬渓流 三乱の流れ

20160612oirase.jpg
奥入瀬渓流 銚子大滝

20160612tutanuma.jpg
蔦沼近くにて(嫁さん撮影)

20160612bunarin.jpg
ブナ林


曇り空のおかげで新緑の緑がしっとりと映え、
豊富な雪解け水が辺り一面を潤していました。
観光客も少なく、時間があればもっとゆっくりとしたかったのは言うまでもありません。

野鳥ではミソサザイやキビタキの鳴き声が多かったですが、
それをかき消すぐらいのエゾハルゼミの大合唱はやはり北国ならでは。
20160612ezoharuzemi.jpg
エゾハルゼミ

青森最後の宿泊はここ。

20160612sarukura.jpg
猿倉温泉

南八甲田山への登山基地でもあり、山の中の静かな静かな一軒家。
素朴な美味しい料理に、岩魚の骨酒、ホタル眺めながらの露天風呂(男湯)は至福のひとときでした。

20160612mizubasyou.jpg
水芭蕉(嫁さん撮影)

宿の人曰く「ミズバショウは腐るほどありますよ」と。
確かに周囲はミズバショウだらけという感じでした。


そうそう、”わさお”にも会ってきました。
小西さんと嫁さんがどうしても行くというので渋々(笑)。
皆さん、”わさお”って知ってましたか?

20160612wasao.jpg
私はわさおなるワンちゃんはこの時まで全然知らなかったですし、
もちろん映画になっていたなんてことも。
話を聞いても正直魅かれるものはなかったのですが、
次から次へ見物する人たちが来ていたのには驚きました。
看板犬の威力はスゴイ!
私の個展に来てくれないかな~(笑)。


あっという間の4日間。
帰阪すべく空港に向かう途中再度フクロウたちに会い
彼らの無事とこの環境がいつまでも続くことを祈りながらこの地を後にしました。
20160612fukurou.jpg
フクロウ兄弟?姉妹?(嫁さん撮影)

20160612hikouki.jpg

青森さ、まだ行くへ!
2016/06/25(Sat) | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もほさ見に行ってきたね(前篇)
昨年コラボした写真家の小西まこと氏より、
思いもよらぬ言葉を頂いたのは今から数か月前。

「よかったらフクロウ見に青森来ませんか?」と。
氏が長年フィールドにしている場所を案内してくれるという願ってもないお話。

で、嫁さんと共に行ってきました初青森!

いやぁ~、北海道とはまた違う北の大地のスケール感に、空気感、
地元の方々の素朴な人柄に、美味しい食材、
そしてメインのフクロウはじめ様々な生きものたちと
彼らを包む大自然に触れまくった
あっという間の4日間でした。

今年はフクロウたちの巣立ちが例年になく早いため
ひょっとしたら私たちが訪れた時には森に帰って出会えないかもと
心配されていたとのことでしたが、
案内していただいたおかげでほんとかわいい”もほ”たちに出会えました。

舞台は岩木山の麓のあちこちに広がる広大なリンゴ畑。
20160525-1iwakisan.jpg

20160529-1ringobatake.jpg




いやぁ~、これは「かわいい」という言葉以外見つからんわ(笑)。
20160526fukurou-1-1.jpg

20160526fukurou-2.jpg

20160525fukurou-2.jpg


以前テレビで見て知識としてはありましたが
リンゴ畑でフクロウが子育てするなんて、さすが青森!

リンゴ農家の方々にすればフクロウがネズミを捕えてくれるので、
ネズミによるリンゴの木への被害が軽減されるとのことだそうです。
それぞれの農家の方々が、それこそ自分たちの家族という感じで温かく
見守っているのが印象的でした。

もちろん親も少し離れた林できっちり見守っていました。
20160530fukurou.jpg


これこそがまさに”ヒトと野生動物の共存”。

そして、それを私たちがいとも簡単に見ることができたのも
ひとえに小西氏が長年に渡り観察を続け、
地元の農家の方々との交流を
続けてきたからこそだと現地に行って実感しました。


情報によると少し生育が遅れていた最後の一羽も無事巣立ったみたいとのこと。
成長した彼らがまたどこかのリンゴ畑で子育てをし、
農家の方々の喜ぶ顔を想像するとなんだか微笑ましく思えてきます。

小西氏の最新作に今回の”もほ”たちが登場するのが楽しみです。

小西まこと公式ホームページ【フォトオフィスコタン】はこちら。

リンゴ農家さんたちとのバーベキューに、
実際に作業場にお邪魔しリンゴができるまでの苦労や
花の摘み方等々教えてもらったり
できたてリンゴジュースを畑で頂いたりとetc
フクロウ以外にも普段体験できない貴重な経験が
昨日のようによみがえってきます。

小西さん、皆さん、たげへわになったけの~。
いよ時間さ、めやぐだなぁ~。

←津軽弁で言ってみました、あってんのかなぁ~(笑)。

2016/05/31(Tue) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春がそこまで
2年ぶりの心斎橋大丸店での個展は無事終了しました。
前回までと違い美術画廊が北館に変わってから初めとなる個展でしたが
明るくゆったりとした画廊で、いつもながら始まればあっという間に
過ぎてしまった1週間でした。

2年ぶりの再会となる方々はじめ、お忙しい中お越しいただいた皆様
心より感謝もうしあげます。

これで昨秋から続いていた関西での個展はひとまず終了しました。
毎回毎回終了するまでは期待と不安で過ごす毎日なので、
無事終えることができた後のしばらくがようやく解放されるという感じです。

そうこうしてる間にも季節は着実に進み
我が家の桜も少しずつ咲き始めています。

先日ツバメが飛び回り、モンシロチョウも目にしました。
冬鳥は繁殖地へ戻るのを間近に迎え、変わって夏鳥たちが到着するのももうすぐです。
大阪の桜が満開となる日もすぐそこまで。
あちこちから生きものたちの情報が続々と届いてるのを目にすると
やはりワクワクしてしまいます。

私もちょっとだけ取材がてら鳥見をしてきました。

20160324benimasiko.jpg
北へ帰る直前のベニマシコ

20160324kawasemi.jpg
カワセミの巣ではすでに卵が産まれているみたいです


さぁ、次どこへ行こうかな~。



2016/03/30(Wed) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明後日から
3月になりそこかしこに春の気配が感じられるようになってきました。

家にいると少し遠くから、ウグイスが練習してるかのような囀りを耳にしたり、
暖かい日には成虫で冬越ししたテングチョウがふわり庭に立ち寄ってくれたり等々
生きたちは次のステージにすでにむかっているようです。

さて京都での個展が終わりまだひと月も経っていませんが
もう次の個展がすぐ目の前に迫ってきてます。

ほんと早いなぁ~。


谷上裕二 油彩画展-小さな宝石たち-
2016年3月9日(火)→15日(月)
最終日は午後5時閉場
大丸心斎橋店北館 12階 美術画廊


私は9日の初日と週末12日、13日の各日11時から18時まで会場におります。
ちょいと早いですが、今年の関西での開催はこれが最後となりそうです。

新作も含め30点。
お時間あればお気軽にお立ち寄りください。

DM-画像


DM-宛名

2016/03/07(Mon) | アート関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お祓いしようかな…
京都での個展はおかげさまで無事終了しました。
ありきたりですが、ご成約頂いた方はじめお越しいただいた方、
お忙しい中ありがとうございました。

会場が京都駅地下街という場所だったため、
噂通り外国人観光客多かったなぁ~。
そういう人たちは全くといっていいほどギャラリーには入ってこなかったので
世間で言われている爆買いの恩恵は私にはまったくありませんでした(笑)。
まっ、そういうのにすがるようでは私自身終わりだと思ってます。

さて話は変わり、行きたいと行きたいと思っていたのに
なかなか時間がとれず行けなかった場所に
昨日ようやく行くことができました。
しかも昨年コラボさせていただいたフクロウ写真家小西まこと氏の案内という
願ってもない状況で。

20160216fuukei.jpg

ある鳥が来ることで昨年大フィーバーが起こり、
メディアにもたびたび取り上げられた場所なので
ちょいと鳥に詳しい人なら、「ああ~あそこか~」とわかるのでは。

20160216komimizuku-1.jpg


20160216komimizuku.jpg

そう、コミミズクというフクロウの仲間です。
昨年までと違い数も少なくおまけに距離が遠かった…
ギャラリーも少なかった。


しかし今回私がぜひ会いたかったのはコミミではなくここを訪れたアマチュアの方のブログに
たびたび登場しているホンドキツネで、
もちろん小西氏もお目にかかったということでした。
二人で寒風吹きさらす堤防の上を上流から下流に向けて、
折り返し下流から上流に向けて歩くこと数時間…

目を凝らせどどこにもその姿はありませんでした。

やはり出遅れたか…

どうもタイミングがあわんなぁ…


次の個展が迫る中、通うべきかどうか悩ましいところですが
やはり時間的に難しいなぁ…

野生の生きものだから仕方がないのは重々承知しているのですが
これまでもこういうケースがたびたびあるので
ほんとお祓いでもしてもらおうかなと真剣に考えております。

イタチもちょろちょろしてましたが、
これもシャッター切るまではいかず、
コミミも遠く、しかもあまり飛ばない中
私たちの相手してくれたのは…

20160216nosuri.jpg
ノスリに

20160216aosagi.jpg
アオサギに

20160216hoojiro.jpg
ホオジロでした

キツネ情報に関しては、以前別の方からも聞いたことがあり、
その場所ではしかも子供まで連れていたが、
自然災害でそこも今はすでに消滅し、キツネもいなくなったとのこと。
そこは私も知ってる目茶目茶知ってる身近な場所だったので、
話聞いた時は驚いたと同時に、なおさら残念に思いました、。
今更ですが私みたいな生活スタイルをしている者にとっては
野生の生きものとの出会いは情報キャッチしたら素早く動かねばいけないことを
最近つくづく痛感しております。
しかし、そうしたくてもできない時間の制約。

やはり、私にできることはやはりお祓いか(笑)…

う~~ん、キツネ会いたかったなぁ。


これが私一人だったら泣くに泣けないところでしたが、
小西さんのおかげで寒いながらも楽しいひとときでした。
お世話になりました!
小西さんのホームページはこちら。
2016/02/16(Tue) | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
2016年の幕開けは
今年に入ってのブログ更新がこれが初とは(笑)。
いまさらですが2016年はとうの昔(?)に始まっているにもかかわらず
元来不精な私ですので、今年もこんな感じでよろしくお願いします。

さてさて今年最初の個展が近づいてきました。
不精な私ですが、制作に関しては生真面目にやっておりました(笑)。
年末にちょいと体調不良になりましたが
なんとか格好のつくところまではきました。

谷上裕二展-修正

今年最初は京都です。

谷上裕二 油彩画展-小さな宝石たち-
2016年2月2日(火)→14日(日)
午前11時~午後7時
最終日は午後5時閉場
ポルタギャラリー華


JR京都駅地下街にあるギャラリーで、私自身は初めての場所となります。
何事も初めてというのは期待と不安が混じるもんですが
いつものごとく”あとは野となれ山となれ”という感じかな。

そしてこれが終われば3月には大丸心斎橋店での
個展が待っております。
次のブログ更新がまた空くかもしれないので先行告知です(笑)。

暖冬のせいかどうかわかりませんが
この冬は鳥たちが少ないという話をちらほら耳にします。
我が家の庭に来る鳥たちも近所の川も確かに少ないですが、
それが季候のせいなのか環境の変化のせいなのか
私にわかるはずもありません。
このあたりの環境は私がこの地に越してきた18年前とはずいぶん変わってしまいました。
しかし、やはり相対的に少ないのは今に始まったことではないということだけは
言えるような気がするのです。

20160128sirohara.jpg

そんな中でもシロハラ君はこの冬も我が家にやってきてくれて
元気に過ごしてくれています。
毎日彼を見てると穏やかな気分になります。

2016年が穏やかな1年でありますように…

そして、いまさらですが今年もよろしくお願いします(笑)。
2016/01/28(Thu) | アート関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年最後の個展
またまた久しぶりの更新です。

今更ですがハルカスでは初となる個展はたくさんの方が来てくださり
無事終えることができました。
いつもながらたくさんの方々の応援をいただき感謝するばかりです。
以前から「ハルカスではやらないの?」という問い合わせをたびたび受けていたので
今回そういう方々が”待ってました!”とばかり(笑)色々な面で
応援してくれたのが印象に残る個展となりました。

個展終了後、高校の後輩の依頼で小学校のお母さんたち向けに
ワンポイント写真教室を行ったり、
20151022kyousitu.jpg
皆さん真剣に聞いてくれました

毎年恒例の親戚が集まっての松茸狩りに参加。
(今年は松茸の出が早く、我々が行った時には豊作とはいかず残念…)
20151107matutake.jpg
松茸ようやく発見!

20151105sake.jpg
これから皆で宴会!

また私が絵描きになりたての頃から、ずっと応援してくださってる方に
ハルカスでの成功をお祝いしていただいたりと色々と忙しくしておりました。

そして本業はというと、もちろん次の個展へ向けて
日々描く毎日を送っておりました。

その個展が近づいてきました。
いまさっき運送業者に作品を渡し、ようやく一息ついてるというところです。
20151101dm-2.jpg

20151101dm-1.jpg

今年最後となる個展は広島!
広島三越では2回目となります。
このブログを見てくれている方で広島方面にお住まいの方
(たぶんいないと思いますが(笑))、
お近くにお越しの際はお気軽にお越しくださいませ。

谷上裕二 油彩画展-小鳥が歌えば-
2015年11月10日(火)→16日(月)
午前10時30分~午後7時30分
最終日は午後4時閉場
広島三越 7階 三越ギャラリー


今年もあと2か月を切りました。
ほんとアッという間だなぁ~。

2015/11/07(Sat) | アート関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ