生きものばんざい

ARTICLE PAGE

チュン太郎

20080506suzume.jpg


毎日アトリエにこもって描く生活というのはあまり健康的とはいえないし、
1人なのでもちろん喋る相手もいない。
そんな毎日だが庭を訪れる生きものたちが私の相手をしてくれるので
結構楽しいものである。

「チュン太郎」と名づけたこのスズメ、他のスズメたちと違いかなり近くまで寄ってくる。
時にはアトリエの窓をつついて餌の催促をすることもあるぐらい。
餌といってもご飯粒などを少しあげるぐらいなのだが。
小首をすこしだけ傾けるしぐさなど見ていてほんと可愛い。


何気ない毎日の生活でこうした生き物達と触れ合えるのは、
私にとって何よりの息抜きになっている。

Comments 0

Leave a reply