生きものばんざい

ARTICLE PAGE

イタドリハムシ

20060425itadorihamusi.jpg


先日訪れた場所ではタケノコは採れなかったが、
代わりにイタドリがたくさん生えていたので持って帰ってきた。
ゴマ油で炒めて、ほんの少ししょう油をかけて食べるとこれが結構いける。
イタドリの炒め物をあてに一杯やりながら思い出すのは、
私の場合決まってある昆虫のことである。
それがこのイタドリハムシという昆虫である。
ちょうどテントウムシぐらいの大きさで、春から夏にかけて普通にいるのだが、
なぜか私には春のイメージが強い虫である。
やはりイタドリを食べるの春先のイメージが先行してしまっているのだろうか。

Comments 0

Leave a reply