生きものばんざい

ARTICLE PAGE

中村謙二 額展

20081114gakuten-1.jpg

昨日は月2回京都新聞文化センターで担当している教室の日でした。

その帰り、私の作品の額を作っていただいている
木工作家 中村謙二氏の個展に伺った。

ご存知のように私が描いているモチーフは鳥をはじめ、花や虫たちなので、
天然木で作られた額が作品にとてもマッチすると感じてます。
それにただ作品に合うというだけでなく、木を有効に使うという
側面もあるので、できるだけこういう方にお願いしたいと思っている。
まぁ値段とか耐久性とか等、諸問題は色々あるのだが…

ギャラリーに入った途端、漂う木の匂い。
なぜか落ち着くんだよなぁ~。
木の持つ効用というか、なんというか…

明日まで京都市役所近く、寺町通りの画廊 「鬼」(すごい名前です)で開催中。

20081114gakuten-2.jpg


Comments 2

ももんが  

画廊「鬼」というのも驚きましたが,
「額展」というものがあるということにも
ちょっと新鮮な驚きが!

でもこうしてみると,一つ一つ表情の違う額達が
そこにおさまる一枚だけをじっと待っているような
不思議な感じがしますね。

2008/11/15 (Sat) 23:43 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ももんが 様

市販とは違う手作りのよさ、木の持つ温もり、
いいですよ~。

京都を中心に活動されておられる方です。
次回の作品展の折にはもうすこし早く
宣伝させてもらいます。

2008/11/16 (Sun) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply