生きものばんざい

ARTICLE PAGE

彼女に代わって

遠くシベリア辺りからわが国に冬越しにやってくるジョウビタキ。
スズメやメジロなどとは違い、雄も雌もそれぞれ単独で縄張りを持ち
群れを作ることなどは一切しません。
だけど彼らはあまり人を恐れない愛嬌者でもあるので
私が大好きな鳥のひとつでもあり、作品のモチーフにもよくなっています。
現在私のホームページのトップは雌のジョウビタキを描いたものです。



そんなジョウビタキの雌が、我が家にも昨年の12月ぐらいから毎日やってきてました。

ところが…

その姿が見えなくなって1週間。
彼女の身に何かが起こったのはほぼ間違いないだろう。
いつでも写真は撮れると思っていたので、
1枚も撮ってなかったのが悔やまれます。

結局彼女を写すことはできなくなってしまった…

20060220jyoubitaki.jpg

これが雌のジョウビタキ。
ただし、この写真は以前別の場所で撮影した別の個体です。


ところがおとといあたりから彼女に代わって、

彼…

つまり雄のジョウビタキがやってくるようになりました。

20090201jyoubitaki.jpg

これがその彼。
咲き始めた梅に止まってくれたところを激写!
どうです、なかなかの美男子だと思いませんか。

これからは彼が愛嬌を振りまいてくれることでしょう。


Comments 2

ももんが  

お!ジョウビタキ!
私もたまたま昨日,雄のジョウビタキくんに会いましたよ。
ブレブレぼけぼけで,とてもこんな綺麗な写真はとれませんが。
うん,確かに,この子と同じです。
梅にとまるなんて,うれしいですね~,素敵な写真です♪

2009/02/02 (Mon) 14:21 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ももんがさま

そうですか、ぶれぶれぼけぼけでしたか。
鳥を写すのは難しいでしょ。

庭には色々な鳥達がやってきてくれるのですが、
このジョウビタキが来るとなんか明るくなるんですよね。
今日もしょっちゅう来てます。

2009/02/03 (Tue) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply