生きものばんざい

ARTICLE PAGE

思い出の海辺

宮崎3日目は天気もすっかり回復し、日射しがさすが南国!という気分にさせてくれます。

お会いした方からもらった情報を元に、サギ山(サギの繁殖してる山)に向かいました。
そこは親父の通った小学校に程近いところにあり、
上空にはアオサギ、コサギ、ゴイサギなどのほかにトビまで飛びかっていました。

20090528miyazaki-2.jpg
アオサギはやはりでかい!

20090528miyazaki-10.jpg
青空バックのコサギは綺麗!

20090528miyazaki-11.jpg
おまけのトビ~

20090528miyazaki-1.jpg
ちょうど今はサギ達の子育ての時期…
餌をねだる雛達のけたたましい声が辺りに響いていました。



20090528miyazaki-3.jpg
空が広く感じるのは気のせいだろうか…




夏を思わせる日差しの中、次に目指したのは家族でよく来たとある海水浴場。

20090528miyazaki-8.jpg
集落から続くこの砂防林は当時のままでした…

「ここを抜けるとその先は海だ!」
わかりますかねぇ、あの”ワクワクした気分”…

20090528miyazaki-4.jpg
我々以外には誰もいない静かな時間でした。

今は海水浴場でなく、アカウミガメの産卵地になっているとのこと。
時の流れを感じます…

それから、特筆すべきイカリモンハンミョウ(絶滅危惧種)がここにはいたのですが、
写真がすべて失敗していたので、お見せすることができません。
情けない…あかんなぁ~~。

でも、いつまでもこのまま、静かなままであり続けてくれれば、
またいつの日か彼らに再会する日もあるでしょう。

20090528miyazaki-6.jpg
そして、草むらにはトノサマバッタが…これまた当時と同じ気分にさせてくれました。
やはり「夏の草むらにはトノサマバッタ!」がセットでいなきゃ!
ちょうど「ビールに枝豆!」っていうのと同じ感じかな(笑)。


20090528miyazaki-5.jpg


砂浜のこの道を、海水パンツ一丁で小さい頃の私は何度も歩いたんだろうなぁ~


Comments 0

Leave a reply