生きものばんざい

ARTICLE PAGE

お出かけの訳

20090617miyama.jpg



田んぼの匂い、カエルの合唱、時折り森から聞こえるフクロウの声…

そして、今が恋の真っ只中にあるゲンジボタルたち…

日本の里山の景色がここにはありました。




いつまでも、いつまでもこのままであってほしい…
彼らの子孫がいつまでもこの場所で輝き続けられるよう…



そんなことを考えながら彼らの光の舞、見てました。




Hご夫妻さま、
こんな素晴らしい場所を教えていただき、本当にありがとうございました!



撮影のため、川の中州に座って3時間強…
気がつくと顔から足からあちこちブヨに刺されていました(笑)。

Comments 2

ももんが  

おおっと!やっぱり蛍でしたか!
貴重な体験をされていたのですね♪
これは神秘的でしょうねぇ~。

子どもの頃はわりと身近にいましたし,
祖父母の家に帰るとたくさん見られましたが
今は少なくなりましたよね。

先日梅田だったかどこかのイベントで
蛍をあほほど連れてきて放す・・・というのを
新聞か何かで見ました。
梅田で蛍を見ることも,蛍をそんなところに連れてくることも,なんか違う・・・と思いました。

あ,でも顔じゅう,ぶよに刺されている管理人さんってのも
なんかイメージ違うかも(爆)

2009/06/22 (Mon) 22:33 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ももんが さま

先週はホタルに明け暮れた1週間でした。
思えばホタルも虫の仲間。
様々な要因が揃わないと、沢山のホタルには出会えませんよね。
人為的にではなく、自然発生的にホタルが飛ぶ光景が、
もっともっと身近なところに増えて欲しいものです。

そのためには我々ヒトも、多少我慢しなければならないことが出てくるはず。
その時どうするか…
ホタルがたくさん住める環境こそ、今求められているような…
そんな気がしました。

ももんがさまの住んでる近くで、もしホタルが飛んでいたら、
その環境を大事にしてあげてください。

2009/06/24 (Wed) 18:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply