生きものばんざい

ARTICLE PAGE

ササユリの未来

20090611sasayuri-1.jpg

私が住む街、箕面市の花、ササユリ…

しかし、残念なことに箕面では今、ほとんど見ることができません。

花が咲くまで少なくとも5年以上はかかるうえに、
ただでさえ厳しい自然の中で生きていくことは彼女たちにとって、
それこそ毎日が生きるか死ぬかの戦いです。

それなのに…

ここまでササユリが激減してしまったのは、
他ならぬ我々”ヒト”という生きものが、
その原因の大部分を占めていると言ってもいいと私は思っています。

人為的な環境の変化、開発による生息地の破壊、
生態系のバランスが崩れたことによるシカなどの食害etc


そして…


…盗掘…


野にある花は野で見てこそ、このササユリにしても笹のある、それこそどこにでも
ある景色の中にあるからこそ、その可憐さ、儚さを愛でるよさがあるというもの。
そのよさをわからない感覚のヒトが増えてしまったということでしょうか…


このササユリは今から2週間ほど前、ある方々に案内していただいたのですが、
その数日後その方がここを訪れた時にはもうなかったそうです…

そして…
20090611sasayuri-2.jpg

これは同じ日に近くで観察した別の個体です。
ご覧のようにまだつぼみで、しかも山道のすぐ脇にありました。

この花は無事に咲いて、しかも捕られずに済んだんだろうか…

悲しいけど、花を愛でるのにはほど遠い現状があります。




皆さんのお住まいの市の花は大丈夫ですか?

Comments 0

Leave a reply