生きものばんざい

ARTICLE PAGE

ワンポイントアドバイス

薄暗い林の中、群生していました。

20090731ookitunenokamisori.jpg

オオキツネノカミソリという花。


この手の花は写真に撮るのが結構難しいんです。

「どこが?」と言われると…


たとえば

  ・花が大きいのでピントを合わすところが決めにくい
  ・群生しているので、1輪だけ撮りにくい
  ・薄暗いところに咲いているので、ブレやすい


では、どうするか

  ・基本的にはピントはしべにあわせて、すこし絞りを絞る
  ・全体がわかる雰囲気の構図を撮る
  ・三脚の使用でブレないようにする


その場その場での状況に合わせて、
何を撮るか、どうやって撮るかなどを判断するのも写真を上手く撮るコツのひとつ。

この写真は超広角レンズで撮影したもので、
レンズと花の距離は10数cm。
絞り値はF7.1 ISO感度は640。
それでも、シャッタースピードは1/25でした。
これでは手持ち撮影では絶対にブレます。
手ブレ補正つきレンズなら、ブレないかもしれませんが、
あいにく持ってません…高い!


あともうひとつ…

腕立て伏せなんかで腕の筋力アップして、息止めて撮ったらブレないかも(笑)。


私はどちらもできないので、三脚を使ってます。




20090731onagaageha.jpg

その花を訪れたのはオナガアゲハ。

「おっ!久しぶり!」

でも蜜が少なかったのか、一瞬のうちに飛び去ってしまいました。
なので、撮れたのはこの1カットのみ。


顔が見えません…

う~~~~~~~~~~~~残念。



まっ、しゃあないなぁ。

Comments 0

Leave a reply