生きものばんざい

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜

20090701aburazemi.jpg



長い長い地中での暮らしを終え、
また1匹のアブラゼミが地上で生きるための準備を無事終えたところに出会った。
彼女の命は長くてあと2週間ほど。

子供の頃、夕暮れの公園で捕まえてきたセミの幼虫を家の網戸に止まらせ、
羽化するところを息を殺しながらずっと見つめたことが何度もありました。

セミの羽化を見ると、今でもあの頃のことを思い出ます。

Comments - 0

Leave a reply

Trackbacks - 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  こども文化体験フェア&まんどろ火祭り
  • 昨日から今日にかけて「みのおこども文化体験フェア」が開催されています。 箕面市文化振興事業団や文化団体連絡会などが中心となり、中央生涯学習センターを会場として、普段は体験できない文化体験を子どもたちにしてもらおう!というイベント。今年で4回目の試みにな?...
  • 2009.08.12 (Wed) 04:57 | 35歳の日誌 - 箕面市長 倉田哲郎blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。