生きものばんざい

ARTICLE PAGE

やまなみ景観

ここのところなんやかんやと忙しい。

それはこの秋に行われる各種イベント(もちろん自分自身の作品展が一番のメイン)が
行われる予定で、それに向けての準備が目白押しなためです。
まぁおかげさまでというか、ありがたいことにというか、色々なお話が進行中です。
個展、グループ展は11月に開催ということですでに決定しておりますが、
それについてはおいおいこのブログ等でお伝えしていくつもりです。

一昨日、昨日はとくにその辺りの各種打ち合わせ、会議等があり、
その合間合間に撮影してました。

その撮影の目的が、これです。

私が住んでいる箕面は山麓部に広がっている街です。
その山並みを保全するために各種媒体で使う写真の撮影を担当しています。
平野部から見た山並み、またその逆で山の上から見下ろした街並み等。

20090905kesiki-1.jpg

20090905kesiki-2.jpg


人が暮らすには山や川だけでなく、田んぼや畑、公園、空き地等などに
ある適度な緑が必要ではないでしょうか。
ただ開発ということを行うということもある程度は認めざるをえないと私は思っています。
それをどのようにバランスをとりながら進めていくか…

そこに住む人々たちの意見を尊重し、
そこに住む生きものたち、自然度に配慮しながら…


これが大事だと思います。


そのためにも様々な角度からの検証が大事で、
そのために参考になる資料等は絶対必要です。


私が生まれ育った街は、見る影もなく変わってしまいました…
小さい頃遊び親しんだ田んぼや畑、空き地や小川などは消滅し、
そこに住んでいた生きものたちは激減してしまいました。
そして、外で遊ぶ子供達の姿も消えてしまいました…

この箕面という街に私がいつまで住んでいるかどうかわかりませんが、
自分の住む街が今後、よりいい形で進んでいくことを願って、
さらに住みよい街になることを願って、いつもレンズを向けています。


人が住みよい街は生きものたちにもいいはず…


もちろん全ての生きものがヒトと共存できるとは思っていません。
ヒトの行為によって、増える生きものもいれば、減る生きものもいます。

しかし、すこしでも多くの生きものたちのためになれば…

20090905kesiki-4.jpg


山や川でゴミを集めると同時に、景観を守り、緑を管理していくということが
人と隣り合って生きる生きものたちの生活場所を守るには
一番必要なことではないかと私は考えています。
そしてそれをいかに伝えていくか…

それに協力できることをとても喜んでいます。

箕面にお住まいの方、また箕面の景色を気に入っている方、
また箕面を訪れたいと思っておられる方、
お気に入りの場所、残したい場所の写真など、
どんどんさきほどのサイトへ投稿してください!!!



20090905kesiki-3.jpg



しかし、よ~~~~~~~~歩いた~~~~~~~。


おじさんはヘロヘロで~~~~す(笑)。

Comments 0

Leave a reply