生きものばんざい

ARTICLE PAGE

いつの日か

20100222kounotori-1.jpg

これがコウノトリ文化館の全景。
パンフレットにはこうあります…

=人と自然の共生を考えるエコミュージアムの拠点=

外観からは想像もつかないほど中身の詰まった施設で、
おまけに入場無料!!
20100222kounotori-4.jpg

昼過ぎから午後3時の餌の時間が近づくにつれて、途切れることなく人が訪れていました。

そして、その施設の裏手には、谷津田が広がっていました。

20100222kounotori-2.jpg

冬枯れの雑木林に囲まれたそこには生きものたちのにおいがプンプン。
この日もシジュウカラ、エナガ、ヤマガラの混群やジョウビタキ、ホオジロなどが
元気に飛び回っていました。

芽吹きの頃や初夏の頃訪れたらなお面白いんだろうなぁ。

20100222kounotori-3.jpg


ふと見ると、放鳥を目指して飼育されている一羽のコウノトリが空を見上げていました。

いつの日か自分も大空を舞うことを夢見ているのでしょうか…



名残惜しかったですが、いつの日かまた訪れることを誓い帰路につきました。

Comments 0

Leave a reply