生きものばんざい

ARTICLE PAGE

世界有数の繁殖地

20060702utou.jpg


この北海道旅行の目玉がこのウトウという鳥に会うことだった。
天売島は推定20万つがいというとてつもない数のウトウの世界有数の繁殖地なのです。
彼らは巣で待つ雛達のために、日中に捕ってきた魚を咥えて
夕暮れと共に島へ帰ってきます。
なんせ40万羽というそれだけの数の鳥が一斉にこの島めがけて飛んでくるのですから、
観察している人間の頭を掠めて、それこそあちこちから”鳥が落ちてくる”
といった感じでした。
特に陽が沈み辺りが真っ暗になってからは、こっちにぶつかってくるんではないかと
思ったぐらい。
まさしく野生の王国でした。

ここではこのウトウ以外にも様々な海鳥が繁殖しています。
これだけの数の鳥たちの胃袋を満たすのに十分な魚や貝ががいるのだということを
改めて実感しました。
豊穣な北の海、だからこそ様々な生き物たちが暮らしていくことができるのでしょう。
もちろん我々の胃袋も十分すぎるほど満たしてもらいました。

Comments 0

Leave a reply