生きものばんざい

ARTICLE PAGE

ヒトと生きもののいい関係(後編)

学校は交通量の多い国道に面しています。
しかし、この道路を渡らずには安全な川まで行くことができません。

当然そのままでは車に轢かれてしまいます。

そこで、会の方々が地元の警察に協力をお願いして、
ほんの少しだけ(時間にしたらほんの2~3分)
車を止めていただくことにしているそうです。

以前、東京のビル街で子育てするカルガモの親子が、
道路を横断して行くため警察官が交通整理をしていたのを覚えていませんか?

あれと同じです。

いや、ちょっと違うかな…

我々自然大好き人間、鳥大好き人間にしてみたら
カルガモとオシドリでは同じカモの仲間でも扱いが全然違うんです。
特にどこでも普通に身近に見れる点に関しては。
(別にカルガモが嫌いだとか言うわけではありませんよ。)


スズメとウグイスというよりも、
スズメとカワセミ…

…いやいや…

スズメとカッコウぐらいの違いかな。
特に大阪に住んでいると普段からオシドリが近くで見れるなんて
ほんと信じられませ~ん。
だってめちゃくちゃ警戒心が強い鳥なんです。

20100601osidori-30.jpg
警察官も到着、生徒たちも準備OK! AM11:10


それでは、「2010オシドリ親子大冒険」のはじまり、はじまり~(笑)。

20100601osidori-16.jpg
生徒達の声援をバックに AM11:15

20100601osidori-17.jpg
母…「みんな、ちゃんとついてくるんですよ」

20100601osidori-18.jpg
子供たち…「お母さん、ちょっと早いよ~」

20100601osidori-31.jpg
遅れがちな子供たち…「わぁ~~、まってくれ~」

20100601osidori-19.jpg
母…「ほら、はやくしなさい」

20100601osidori-20.jpg
無事に道路横断 AM11:15

20100601osidori-21.jpg
木陰を進み AM11:16

20100601osidori-22.jpg
小道を超え… AM11:17

20100601osidori-23.jpg
タンポポのお花畑を進み… AM11:33

20100601osidori-24.jpg 
公園内の道を渡り… AM11:34

20100601osidori-25.jpg
河川敷きを進み… AM11:37

20100601osidori-26.jpg
「かわいい~」「もうすぐだぞ~」居合わせた人たちからも声援を受け… AM11:41

20100601osidori-27.jpg
無事、到着!! AM11:54

20100601osidori-28.jpg
お母さんもとりあえずヤレヤレといったとこかな。


見守っていた我々もヤレヤレでした~。

お母さんが巣穴から飛び出してから、約1時間弱。
カラスに襲われることもなく(以前1羽やられたそうです)、
無事11羽のヒナとお母さんは本来の住処である川に到着しました。

ここからはヒトも手助けできない厳しい野生の世界…
1羽でも多くのヒナが成長してほしいなぁ。

これからもこのハルニの木がある限り、
このオシドリのドラマが続いていって欲しいと心から思いました。


そして…

翌日の晩、今度はエゾモモンガの姿を見に再び学校に行きました。

ところが、こちらはオシドリと違い…

日没すぐに巣穴から出、滑空し、
あっという間に闇に消えていきました~(笑)。
なので、写真は撮れませんでした。

それでも大満足!!!

2年越しに見れたヒトと生きもののいい関係…
こんな街中にオシドリやモモンガが暮らしていて、
それを見守る方々、ほんとに素敵でした。


もちろんこれほどの大木がもっと残っていれば
オシドリのお母さんも危険な場所であるはずの街中に
来ずにすむのかもしれませんが…

こうした生きものたちを身近に見て、知って
それをすこしでも感じるヒトが一人でも多く増えるのであれば、
このオシドリやエゾモモンガたちといつまでも
仲良くできるのではないでしょうか…



ご案内してくださった「NPO法人真駒内・芸術の森緑の回廊基金」の皆様、
曙中学校の方々、お世話になり、本当にありがとうございました!

またお会いしましょう!

「NPO法人 真駒内・芸術の森緑の回廊基金」はこちら。
オシドリの巣立ちの模様が動画で観れますよ。

微力ですが、私も入会してます。


20100601osidori-29.jpg
みんな無事かなぁ…

Comments 0

Leave a reply