生きものばんざい

ARTICLE PAGE

鳥インフルエンザ

今日出演予定だったラジオ番組が中止になりました。

先日箕面からそう遠くない兵庫県伊丹市で見つかった
死んだ野鳥(カイツブリ)から鳥インフルエンザが見つかったため、
それを考慮してとのことでした。

昨年来、発生し続けてきた鳥インフルエンザが
身近なところまでとうとうきてしまったということでしょう。


自然界に生きる生きものたちの変わらない生き方の歴史の中で、
唯一その生き方を変えてきたのが我々ヒトではないでしょうか。
爆発的に増えた人口を支えるため効率を求め、大量消費をするようになり
交通網の発達により瞬時な移動が可能になりました。
ウィルスはそんな我々ヒトへの警告のような気がします…


ウイルスは大昔から存在し、また鳥たちも大昔から今とそんなに
変わらぬ生き方をしてきただろうと思います。
ウイルスを滅ぼすことは到底できませんし、
鳥たちの生き方はこれからも変わらないでしょう。


そんな中でヒトがウィルスとどう向き合っていくのか…

口蹄疫問題の時の処分された牛や豚、
今回処分されていく鶏の膨大な数を見ると
命ってなんなんだろうって、改めて考えさせられます。

とにかく一日も早く治まってほしい。




イベントのお知らせ

聖・生・精・静~脈々と流れる自然の妙~


詳しくはこちら。

Comments 0

Leave a reply