生きものばんざい

ARTICLE PAGE

もりのようちえん~川遊び~

早くも猛暑を思わせる日差しの中、
前回に引き続きNPO法人箕面こどもの森学園が主催する「もりのようちえん2011」に
生きものに詳しいお兄さん??として、皆さんと川遊びを楽しんできました。

その日の様子はこちら。

森の中に響く子供たちの声。
それを見守り、一緒に楽しんでいた大人たち。

自然の中にいると誰もが同じ気分になるのでしょうね。

もちろん私もスタッフというよりも
いつの間にか一参加者になっていました。
ちょいと反省…

しかし、涼しかったなぁ…

20110719snap.jpg

皆さん、おつかれさまでした!


--------------------------------------------------
<グループ展のお知らせ>

生物を描く 細密画・4人展
2011年8月19日(金)~8月25日(木)
12:00~18:00(最終日は17:00まで)
GALLERY キャナル長堀
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
06-6251-6198

詳しくはこちら

Comments 4

ayu  

ありがとうございました(^^)

谷上さんも楽しんでくださったんですね~
よかった!
自然に詳しいお兄さんが一緒だと、ただの歩道も自然の宝庫に変身してしまう。
幼い子どもにとって、
虫を見て「気持ちわる~」と言うお母さんと一緒に見るのと
手のひらにのせて「これはなんていう名前だろう」と楽しむ人と一緒に見るのとでは
全然違う心を育てることになるなあと、今回改めて感じました。

2011/07/19 (Tue) 23:00 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ayuさま

はい、楽しみました!
久しぶりの川遊びの機会与えてもらってありがとうございました。
勢いついたので、翌日も同じ場所でトンボの撮影してきました(笑)。

おっしゃるとおり、小さな子供がその後どういう心をもち成長していくかは
周りの大人や、親にかかってるですよねぇ。
そういう意味においても「もりのようちえん」に関しては、
子供よりもむしろ大人の方に自然や生きものの楽しみ方を
知ってもらいたいと思いながらやらせてもらいました。

2011/07/19 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

ayu  

なるほど~

森のようちえんは月1回。でも親は毎日子どもと接してるのだから、私たちもむしろ親に向けてもっと発信していくほうが、結局は子どもを育てることになるのですね。
ありがとうございます!

2011/07/20 (Wed) 17:38 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ayuさま

私自身、両親が私の好きなことを伸ばしてくれたからこそ、
ここまで来れたといつも思っています。

今の時代、私が育ってきた時代よりも生きものや自然とヒトとの距離は
離れてしまったと思わざるをえません。
だからこそ、我々大人がもっともっと伝えねばならないのですよね。

2011/07/20 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply