生きものばんざい

ARTICLE PAGE

アブラゼミ

20060818aburazemi-1.jpg


20060818aburazemi-2.jpg


お盆も過ぎ、心なしか蝉時雨も少なくなってきた。

写真は庭のモミジにいたアブラゼミ
上が雄で、下が雌。
お分かりになる思うが雄は鳴くとき羽をすこし広げて、
こころもち身体を持ち上げている。
鳴き声がより遠くに聞こえるようにするためだろうか。
他のセミも雄が鳴くときは概ねこのような格好をする。
そしてこのポーズをとっているときのセミは意外と敏感。
それに対して雌はひたすら食事(木の汁を吸う)をしているので
おとなしく見える。

一度観察してみてはいかが?

Comments 0

Leave a reply