生きものばんざい

ARTICLE PAGE

集団産卵

20070820hagurotonbo.jpg


川面を埋め尽くすほどのハグロトンボは今が繁殖の時期。
そのため結婚相手を求めて雄、雌入り乱れての乱舞となる。

そして運よく相手が見つかった雌は産卵行動に入る。
写真はその雌達の産卵シーン。
川の水量が少なくなってきた結果、水中の水草が水面まで出てくるようになり、
その水草に卵を産み付ける雌が集団で集まってくるというわけ。
今がそのピーク。
ファインダー越しに見る彼女たちはそれこそ一心不乱という言葉がぴったり。
中には水中にまで潜っていくものまでいる。
小さい虫ながら危険を顧みずに己が責任を果たしていく姿を見ると
最後まで命を全うしてくれといつも思う。

Comments 0

Leave a reply