生きものばんざい

ARTICLE PAGE

次の世代へ

20060908kumazemi.jpg


セミの鳴き声もツクツクホウシが多くなってきた。
あれだけにぎやかだったクマゼミやアブラゼミの声が少なくなってくると
すこし寂しい気がする。
生き残りの彼らは子孫を残すことに全力をつくす。
写真はクマゼミの産卵シーン。
すこし曲がったおなかのつけねから出ている産卵管を樹に突き刺しているのが
おわかりだろうか?

生まれた子供たちが再び地上に出てくるのは数年後と言われている。
それまでここの環境が変わらない保障はどこにもない。

Comments 0

Leave a reply