生きものばんざい

ARTICLE PAGE

鶯が教えてくれること

昨日今日と大阪は暖かい天気でした。

アトリエは2階にあるのですが制作するときは、
できるだけ窓を開けるようにしています。

その季節その季節の匂い、音、そして空気感をできるだけ感じていたいから…





いつもの年より遅れて咲き出した庭の桜もあっという間に散り桜となり、
窓を開けていると風に乗って花びらが部屋の中に舞い込んできます。

そんな桜吹雪ともうひとつ、今日は”春”が楽しめました。

20120418uguisu-1.jpg


桜舞う中、鶯の声を楽しめる…

しかも部屋にいながらにして。


最高の贅沢かもしれません。


仕事の手も思わず止まってしまいます。




20120417uguisu-2.jpg




綺麗に整備され過ぎた街をウグイスは好みません。
そのためそういう場所でウグイスの鳴き声を聞くことはあまりないと思います。



彼のお気に入りの場所は私の家からほど近い所に残された竹薮。


ヒトから見れば今となっては無用の竹薮かもしれないが
彼らにとっては大切な生活の場所であります。

彼にとって私の家はギリギリ縄張りの範囲内でみたいでした。


そういえばこの家を紹介してくれた不動産屋さんが示した
物件案内図の備考にこうありました。

”鶯の鳴き声が町中に響いています”と。


それは昔ながらの環境が適度に残っているということであり、
逆に言えば
街中でこの時期に鶯の声が聞こえるということはそういうことであるのです。



Comments 0

Leave a reply