生きものばんざい

ARTICLE PAGE

ホタルつながり

箕面は今日、朝から雨で梅雨らしい一日です。
梅雨時になるとホタルの話題が各地から聞こえてきます。


ところで、ホタル以外にも”ホタル”と名前がつく昆虫がいるのご存知ですか?

20120701benibotaru.jpg
ベニボタル

ホタルに近い仲間ですが、別の仲間なので当然発光はしません。

20120701hotaruga.jpg
ホタルガ

昼間活動するガの仲間です。

20120701hotarukamikiri.jpg
ホタルカミキリ

小さなカミキリムシの一種です。



いずれも赤い色をホタルに見立てて命名したのでしょうか。


昆虫以外でも、蛍袋(植物)、蛍烏賊(イカ)、蛍族(ヒト(笑))なんてもの
もありますし、箕面市のお隣の豊中市には蛍池(ほたるがいけ)という地名もあります。


まぁ、いずれにしても”ホタル”という言葉は何か響きがいい気がします。


20120701hotaru.jpg


熱を出さず、もちろんゴミを出すこともなく、
自然の摂理の中で生み出された発光システムを持ったホタル。


ホタルを見るたび”このシステムをヒトが応用できたらなぁ”と痛切に思います。



梅雨明け後にやってくる暑い暑い大阪の夏を、
いつもとは違った心構えで向き合うことを今年は求められています。



いや…


大阪に限らず地球上全ての場所でヒトが生きていく限り、

これからずっと未来永劫、

そうでなければならないのではないでしょうか。


Comments 0

Leave a reply