生きものばんざい

ARTICLE PAGE

初鳴き

昨日、遠くからニイニイゼミの声が聞こえた。

このセミはあの松尾芭蕉が読んだ有名な句に出てくるセミなんですよ。

20120703niiniizemi.jpg

閑けさや岩にしみ入る蝉の声


このセミが泣き出すと、
梅雨明けも近いのかなと感じさせられますが、
今日の感じではまだまだみたい。

というか、

土砂降りすぎて梅雨の降り方でないし、
しかも年々ひどくなっているのは確かだろう。


何事も”ほどほど”がいいのだけれど、
もうそういう時代ではないのかもしれない。


せっかく地上に出てきたのに、
これではセミたちもかわいそう。




Comments 0

Leave a reply