生きものばんざい

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿の木を見て

今年はいたるところで鈴なりの柿の木を目にします。


少し前までは冬に備えて持ち主の方が収穫していたけど、
高齢になりその作業も大変なので、
そのままにしているという話もよく耳にします。

鳥や生きものたちにとっては命をつなぐ貴重な食料ですが
そんなところにもこの国が直面している現実を目の当たりにします。

20121212kaki.jpg

次の日曜日は投票日だが、
この国の未来を安心して任せられるところは相変わらず見つけられません。


お金を出せばなんでも買えてしまう世の中がいいわけないし、
経済発展の前には安全が犠牲になっていいなんてことはありえない。
命を無視した原発がその最たる例なのは3.11が証明したはず。
経済発展さえすればすべてが解決するなんてことはもうありえないのに、
国民すべてが3.11を経て究極の選択を迫られているはずなのに、
”喉もと過ぎれば何たら”と感じているのは私だけではないと思います。


この国が進むべき方向はまだまだ霧の中。

様々な問題を後回しにしてきたツケですが、
それは私たちこの国の全ての18歳以上の大人の責任。


しっかり判断して投票しましょう!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。