生きものばんざい

ARTICLE PAGE

我が家の常連さん

昨年の冬に比べれば、今年はどこへ行っても鳥が多いと耳にする。

ホント昨年は心配になったもんだ。

まぁ、自然のことなんてはっきりしたことなど誰にもわからないし、
わかろうとしたってたかが知れてるのも重々承知している。
でも昨年はほんと”なぜこんなに少ないのか?”とあれやこれや考えもした。

結局そのわけははっきりしないまま冬を向かえたが、
やきもきしたのがウソのような賑わいだ。

もちろん全ての種類が多いというはずはないだろうけど、
専門家ではない私が見る範囲では結構にぎわってるのは間違いない。

昨年はまさしく閑古鳥だった我が家に来てくれる鳥たちも
年末以来いつものメンバーがほぼ勢ぞろいした。

20130209yamagara-1.jpg

20130209yamagara.jpg

特にこの冬はヤマガラが6年ぶりにやってきてくれ、
愛嬌のある姿を見せてくれているのが嬉しい。
ヒマワリの種を運んで、足で抑えながら嘴でつつき殻を割り
中身を器用に食べる姿を見てるとほんと飽きない。。

20130209sirohara.jpg
このシロハラ君は3年連続。近寄っても全然逃げず、朝などは雨戸を開けると、
”餌を早くよこせ”と言わんばかりに目の前にやってアピールしてくる姿がいじらしい。

20130209sijyuukara.jpg
シジュウカラもヤマガラと同じおいてあげたヒマワリの種を食べるのだが、
こちらはヤマガラよりもシャイなようだ。

20130209mejiro.jpg
メジロはいつも2羽そろっているけど、以外と相方に厳しいところがある。
この時も後方の1羽は手前のメジロが食べ終わるのを待ってた。

20130209mejiro vs sijyuukara
たまにはこんなニアミスも。
ヒマワリのところに来たシジュウカラに対して、メジロが威嚇。
シジュウカラは目を合わせようとしていない。
メジロはヒマワリを食べないので、
シジュウカラに対して普段は威嚇することなんてないのだけど、
どこか気分がイライラしてたのかも?

メジロは身体は小さいけど、結構気が強く食べ物に関しては
ウグイスを追っ払っているのをよく目にします。

20130209uguisu.jpg
他の鳥たちがいなくなったのを見計らって出てくるウグイス。
春先、堂々とさえずるあの姿とは比べ物にならないほどシャイな奴。

このほかにはスズメや、こそっと来てることが多いアオジが今年の冬の常連さん。

アオジはほんと写真撮影をさせてくれないなぁ(笑)。


部屋から窓越しに彼らを見てると時間がアッという間に過ぎてしまう。
それでもどこか心穏やかになるのが彼らのもつ魅力なんだろう。


立春も過ぎ、我が家が鳥たちでにぎわうのもあと少し…


山へ帰るもの、遠く海を越えていくもの、
それまで無事にいてくれることを願うだけ。

Comments 2

kaco  

うちにもたくさん来てるのかな?

いろんな鳥の声がするし、飛んでる姿もよく見るんだけれど、こんな風に見えない(当たり前なんだけど。)。
人間の目で普通にこんな風に見えたら(鳥に対して優しくなるんじゃないかと。。)、鳥も過ごしやすいニッポンになるだろうにね。
鳥だけでなく、人間って全然まわりが見えてないんだなぁと思いました。

2013/02/11 (Mon) 23:47 | EDIT | REPLY |   

管理人  

kacoさま

いると思うよ。でもヒトより鳥の方が断然目がいいので、
向こうに先に気づかれのがムズカシイところ。
鳥を見るのはちょっとコツがいるので、また教えます。
鳥には鳥の見え方があるし、ヒトにはヒトの見え方があるけど、
言ってるようにもっと鳥の目線で物事見れば、
鳥にも優しく、ひいてはヒトにも優しくなれるよね。

2013/02/12 (Tue) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply