生きものばんざい

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もほさ見に行ってきたね(前篇)

昨年コラボした写真家の小西まこと氏より、
思いもよらぬ言葉を頂いたのは今から数か月前。

「よかったらフクロウ見に青森来ませんか?」と。
氏が長年フィールドにしている場所を案内してくれるという願ってもないお話。

で、嫁さんと共に行ってきました初青森!

いやぁ~、北海道とはまた違う北の大地のスケール感に、空気感、
地元の方々の素朴な人柄に、美味しい食材、
そしてメインのフクロウはじめ様々な生きものたちと
彼らを包む大自然に触れまくった
あっという間の4日間でした。

今年はフクロウたちの巣立ちが例年になく早いため
ひょっとしたら私たちが訪れた時には森に帰って出会えないかもと
心配されていたとのことでしたが、
案内していただいたおかげでほんとかわいい”もほ”たちに出会えました。

舞台は岩木山の麓のあちこちに広がる広大なリンゴ畑。
20160525-1iwakisan.jpg

20160529-1ringobatake.jpg




いやぁ~、これは「かわいい」という言葉以外見つからんわ(笑)。
20160526fukurou-1-1.jpg

20160526fukurou-2.jpg

20160525fukurou-2.jpg


以前テレビで見て知識としてはありましたが
リンゴ畑でフクロウが子育てするなんて、さすが青森!

リンゴ農家の方々にすればフクロウがネズミを捕えてくれるので、
ネズミによるリンゴの木への被害が軽減されるとのことだそうです。
それぞれの農家の方々が、それこそ自分たちの家族という感じで温かく
見守っているのが印象的でした。

もちろん親も少し離れた林できっちり見守っていました。
20160530fukurou.jpg


これこそがまさに”ヒトと野生動物の共存”。

そして、それを私たちがいとも簡単に見ることができたのも
ひとえに小西氏が長年に渡り観察を続け、
地元の農家の方々との交流を
続けてきたからこそだと現地に行って実感しました。


情報によると少し生育が遅れていた最後の一羽も無事巣立ったみたいとのこと。
成長した彼らがまたどこかのリンゴ畑で子育てをし、
農家の方々の喜ぶ顔を想像するとなんだか微笑ましく思えてきます。

小西氏の最新作に今回の”もほ”たちが登場するのが楽しみです。

小西まこと公式ホームページ【フォトオフィスコタン】はこちら。

リンゴ農家さんたちとのバーベキューに、
実際に作業場にお邪魔しリンゴができるまでの苦労や
花の摘み方等々教えてもらったり
できたてリンゴジュースを畑で頂いたりとetc
フクロウ以外にも普段体験できない貴重な経験が
昨日のようによみがえってきます。

小西さん、皆さん、たげへわになったけの~。
いよ時間さ、めやぐだなぁ~。

←津軽弁で言ってみました、あってんのかなぁ~(笑)。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。