生きものばんざい

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の桜&個展のお知らせ

ハルカスでの個展が終わり、庭に来ていたジョウビタキやイソヒヨドリも
それぞれの繁殖地へ向かって旅立っていき、そして我が家の今年の桜も
咲いたと思えばあっという間に散り桜となりました。

20180411jyoubitaki.jpg
ジョウビタキさんは3/26が終認

20180411isohiyodori.jpg
イソヒヨ君は3/27が終認でした


昆虫の方も越冬組のアカタテハやルリタテハにテングチョウ、
ムラサキシジミに加え、アゲハやモンシロ、クマバチが飛び回り、
夜少し暖かい日にはクビキリギスの鳴き声も楽しめるようになりました。
久しぶりにツマキチョウが飛んできた時はうれしかったなぁ。

まったく、この時期の季節の移ろいの速さはすごい。

今記した種類の生きものたちは全て庭で見た生きものたちですが、
つい先日までの我が家の様子です。

20180411sakura.jpg
アトリエから見る

20180411enaga.jpg
エナガちゃん、今年も子供たちを連れてきてくれよ

20180411hiyodori.jpg
ヒヨもおとなしくしてると可愛いんだけどなぁ

20180411suzume.jpg
スズメちゃんと一瞬目があったような気が…

今年はシジュウカラとコゲラの来場?がほんと少なくなってしまったし、
ウグイスも少し離れたところに縄張りをもってるみたいで
その鳴き声もあまり聞くことができず、にぎやかとはいえない桜の季節でした。


そんな中ある日、ほんの数分でしたが
我が家ではお初の鳥の姿がありました。

20180411nyuunaisuzume.jpg
メスのニュウナイスズメ

繁殖地へ向けて北上している途中で立ち寄ってくれたのでしょう。
もっとゆっくりしていけばいいのに、あっという間に飛び去ってしまいました。



次の個展が迫ってきてるので、ほとんどどこへも行けず
私の生きもの観察はもっぱら家の庭です(笑)。

さて、その迫ってきた個展のご案内です。


img086.jpg


img085.jpg

谷上 裕二 油彩画展 ー輝いている、小さないのちー
2018年4月25日(水)~5月1日(火)(最終日は午後5時閉場)
大丸京都店 6階美術画廊

ここも久しぶりの開催。
2012年以来だから、6年ぶりか~。

これからが最後の追い込みです!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。