生きものばんざい

ARTICLE PAGE

始まりました&春のトンボ撮り

京都大丸での個展、今日から始まりました。
前回のハルカスが終わってから2ヶ月。
作品を揃えるプレッシャーから解放されて、
ここ数日はただただホッとしてます。

img085.jpg

img086.jpg

谷上裕二 油彩画展-輝いている、小さないのち-
2018年4月25日(水)~5月1日(火)
午前10時から午後8時まで(最終日は午後5時にて閉場)
大丸京都店 6階 美術画廊


私は29、30日の両日の午後会場にいますので
お越しの方はお気軽にお声かけてください。

という訳で、ようやくひと段落ついたので
超がつく位久しぶりに近場のフィールドを散策してきました。

毎年恒例、春のトンボ撮り。

しかし、

出遅れでした…

皆さんご存知のように今年は季節の進みが早く
山はすでに初夏の装いで、お目当てのトンボの羽化シーンは見れず終い。

ひょっとしたらと予想はしていたが、残念…

20180425sinryoku.jpg
山笑う

20180425hosomiitotonbo.jpg
越冬組のホソミイトトンボは早くも産卵

20180425hosomiotunentonbo.jpg
こちらも越冬組のホソミオツネントンボ

20180425yotubositonbo.jpg
ヨツボシトンボの誕生

20180425fuji.jpg
フジも満開

20180425fuderindou.jpg
林床にはフデリンドウ

20180425tanigikyou.jpg
タニギキョウも

20180425murasakisagigoke.jpg
流れの傍にはムラサキサギゴケ

20180425harabirotonbo.jpg
ハラビロトンボ

20180425futasujisanae.jpg
フタスジサナエ

20180425nukegara.jpg
お目当てのトンボはもぬけの殻でした…

この春は渡りの小鳥たちもろくに見に行けなかったなぁ。
う~ん、仕方がないとは、わかっちゃいるけど…

にしても、暑すぎやろ。

Comments 0

Leave a reply